野の書ギャラリー

書家村上翔雲の作品を少しずつご紹介させてください。日々の雑感もほんの少し

岩藤さん


f:id:snow36:20180522211248j:image
  「名もない草のいち早く咲いてむらさき」(240×320m/m)

         

こんにちは

三年ほど前に、あるお豆腐屋さんから 小さな盆栽を三つ頂きました。

手のひらに乗る大きさの可愛らしさです。

それぞれ違った植物が こんもりとした苔に植え込まれていました。

名前も知らないまま、水をやっていました。(それ以外の手入れをしていないということですね。)

そのひとつが、今時分に 青みがかったつつじのような色の花を咲かせます。 

日が暮れると 葉をおじぎ草みたいに畳んで休みます。

すべてが 小さくて可憐で 風に揺れています。

花の姿が 藤の花の房に似ているので、和を感じ 見ていると穏やかな気分になります。


f:id:snow36:20180523074839j:image

「庭藤」。「岩藤」とも。

 


f:id:snow36:20180523080707j:image

  「水のうまさを蛙鳴く」

               (240×320m/m)     村上翔雲 書