野の書ギャラリー

書家村上翔雲の作品を少しずつご紹介させてください。日々の雑感もほんの少し

霧の季節へ移る

こんにちは。

こちらは、数日ぶりに すっきり晴れていました。この頃は 晴れる日の朝には、川からゆらゆらと霧が立ちのぼり、辺りを包んでゆきます。

f:id:snow36:20181121000021j:image

冬になると 内陸部の川沿いは、深夜から朝にかけて(場合によってはお昼近くまで)、更に深く白い霧の中に埋もれるようになります。

冷たい朝。

f:id:snow36:20181121003157j:image

f:id:snow36:20181121000133j:image

霧が深くて 車の運転がしづらいとか、洗濯物が 乾かないといった 日常の悩みもありますが、

季節が入れ替わる晩秋、冬の到来の近いことを実感いたします。

 


f:id:snow36:20181121000239j:image

柚の実は、少しずつ いろんな方にもらわれていきます。

 

薬師さんのそばにある 我が家。薬師さんの斜面にみかんや 名前がわからない柑橘を  昔、 義父が植えました。 こちらも たくさんなっています。

f:id:snow36:20181121000309j:image

去年は 鹿に葉を食べられて 枝だけになったみかんの木には、実はなりませんでした。

今年は、鹿の鳴く声を まだ聞いていません。

 

少し古いお話になってしまいますが、今月の始め頃に、ご近所の かざぐるまが咲いているのを見かけました。

鉄線の好きな私が かざぐるま と言っているだけで、定かでないのです。f:id:snow36:20181121000455j:image

今年の5月にも そこで咲いていることに気づきました。白い花が 広げた掌を伸ばしているようでした。

和の庭に しっくりと 短調の音色を思わせる憂いを帯びた美しさ。花は しばらく咲いていて通りすがりにも楽しませてもらいました。とても惹かれる花でしたから、おうちの方にいつかお聞きしてみようと思いました。

 

ところが、7月に そのお宅の奥さんが亡くなられてしまいました。日頃から親切にしていただいていたのです。書いてよいものかどうか、迷いながら 悲しい気持ちをブログに書きました。

その後、ひとつきも経たないうちに ご自分の病気を押して奥さんのお世話をされていた ご主人までも 亡くなられました。

ご主人のお葬式から 10日ほど経って  近所の者が集まり お参りをさせていただきました。

二人のお写真が並んでいるのを見て 皆 ご家族になんと申し上げたらよいのか 言葉が見つかりませんでした。

困っている人がいれば、どんな時にも相談に乗ってくださる優しいご夫婦でした。

真夏の暑い夜でした。

 

それから 3ヶ月経って、11月に再び見る花は 手のひらを広げたほどの大きさで 5月の頃より少ない数でしたが、同じように美しく咲いているのでした。

鉄線の仲間の かざぐるま。亡くなった母が くれた九谷焼の急須の絵付けも 鉄線でした。

こんなことが重なって、鉄線が気になるのかもしれません。


f:id:snow36:20181121000558j:image

しんみりした思い出話になってしまいました。ごめんなさいね。

 

 


f:id:snow36:20181121000628j:image

  「踏みわける萩よ すすきよ」(240×320m/m)    種田山頭火

 


f:id:snow36:20181121001032j:image

  「ゆふ空から柚子の一つをもらふ」(240×320m/m) 種田山頭火 句       村上翔雲 書

 

ご覧いただきまして ありがとうございました。