野の書ギャラリー

書家村上翔雲の作品を少しずつご紹介させてください。日々の雑感もほんの少し

秋の贈り物

こんにちは。

こちらは、火曜日と水曜日は 晴れましたが、その後 お天気が すっきりしません。

近所の小学校の校庭は 雨混じりの中 入場門と 退場門が立ったままで、中学校は 先週 防災無線で 体育祭の延期を伝えていました。

 

 

ご近所の方から 藤稔(ふじみのり)を いただきました。
f:id:snow36:20180917181346j:image


f:id:snow36:20180917181359j:image

いつも 良い出来なのですが、出荷はされていないとのこと。  出荷するには、「まだ あかん」のだそうです。

それでも 大粒の実で お味は ピオーネの筋らしく、豊潤で 甘味が濃く 品の良い味わいです。

丁寧に育てられた ぶどうを 私たちにまで 分けてくださって とても嬉しかったです。

 

小雨が降っていますが、うちの回りを 歩いてみました。

彼岸花は、確かに ある日突然 咲いています。
f:id:snow36:20180921153459j:image

小雨なら 花も楽しそうに見えます。

雨を含んだ緑は 優しくて深い匂いがします。  このくらいが ちょうどいいですね。

眺めていると、お客さまが次々と。
f:id:snow36:20180921181930j:image

よく 見ると、羽を傷つけた蝶も。
f:id:snow36:20180921153434j:image

傷ついた蝶は たくさん見かけました。

 

キツネノマゴでしょうか。小さいけれど、ここにいます、と呼び掛けてきました。花の咲いているところは 狐のしっぽになるのでしょうか。ふんわりしています。
f:id:snow36:20180921153545j:image

その後ろの 赤いポツポツを付けた 細長いのが気になります。ミズヒキソウですね。
f:id:snow36:20180921153602j:image

ミズヒキソウを撮ろうとすると、なかなか焦点が 合わなくて、雨の中 怪しい様子でしゃがみこみ 難儀してしまいました。

 

ニラと キツネノマゴの共演。愛らしい模様のようでした。

f:id:snow36:20180921153625j:image

 

こちらは、小紫と思います。(相変わらず 頼りない…)  植え込みの中から、いきなり枝が突き出ていました。 ピンクがかった明るい紫色の つやつやとした実が 辺りを華やかにしています。
f:id:snow36:20180921153644j:image

黄色い花に 黄色い蝶が…。つい 慌ててぶれてしまいました。
f:id:snow36:20180921153658j:image

 

 

週末は お天気になると いいですね。

 

 

 

今日は、湖面を水切りしていく石のように鋭いアイリス・マードックの言葉です。           父がこの言葉を選んだ訳がわかるような気がします。くすんだ櫨色の背景に乗せた額装の 秋の作品をご覧ください。
f:id:snow36:20180918224422j:image

  「芸術は思索の場をつくり空間を開く アイリス・マードックの言葉」(400×260m/m)                                               村上翔雲 書

ジーン・アイリス・マードック(1919〜1999)    アイルランド出身。  小説家、詩人、哲学者。

 

いつも ありがとうございます。

木槿 その小さな楽しみ

こんにちは

今日は、蒸し暑い一日でした。暗くなってから ベランダに出てみると、涼しい風に りんごに似た爽やかで ほんのり甘い香りを感じました。

最近は、秋の植物を見ることもあれば、夏の植物が ほうっと息をつくように、花を咲かせているのも見ることがあります。

 

我が家では、見つけたら 丸まった葉ごと摘んで捨て続けてきたハマキムシとの戦い(暑かったものですから…)の夏を越えて、木槿が 再び花を咲かせ始めました。


f:id:snow36:20180916142552j:image

大雨が降ったり、虫食いにあっても、負けずに育ってくれていたことが うれしいです。元気でいてくれて ありがとう。

時間が経つと、少し青みがかって。
f:id:snow36:20180916125035j:image


f:id:snow36:20180916125322j:image

昨日 咲いた花。張りがなくなってさえも、優美な佇まいを残しています。

 


義母の鉢植えです。

f:id:snow36:20180916155951j:image

葉が美しいクリスマスローズに囲まれて、ヤブランが すっと 長い葉を伸ばして 薄紫の花が色を添えます。

優しく繁って 夏中涼しげでした。

 

古いお話で恐縮ですが、7日の金曜日に 連れ合いが 日本海側の舞鶴へ 釣り仲間「ぽんす会」の面々と 釣りに行きました。   波の高さ 1.5m。ちょっと こわい荒れようです。

そんな お天気に 船が出て、

そんな お天気に 合わない フカセ釣りを したようです。

 おかげで 釣果は ほどほどに無くて、家族でいただくのには 十分でした。

f:id:snow36:20180913172627j:image

30cmぐらいのサバと、20cmちょっとのアジが 2匹。

こんな時は、連れ合いが自分で捌いてくれます。わりと手早く 3枚に下ろして、アジは お刺身に、サバは焼きました。

盛り付けに 問題は残りますが、刺身はぷりぷりとしていたし、サバの塩焼きは しっとりして味わい深く おいしくいただきました。
f:id:snow36:20180913172721j:image

 ご覧いただきまして、ありがとうございます。


f:id:snow36:20180916182409j:image

  「へうへうとして水を味ふ」(210×295m/m)        種田山頭火




f:id:snow36:20180916184229j:image
  「欲度天空深幾許且観落葉沈水底・空のふかさは落葉しづんでゐる水」(160×235m/m)  種田山頭火 句・李芒 漢俳            村上翔雲 書

 

印象派はお好きですか

こんにちは

暗くなると 近くの藪から コオロギ+ちょっとマツムシその他の音が、家の中にいても 大きく聞こえてくるようになりました。

季節ですね。そろそろ 美術館に 出かけてみたくなります。

 ちょっと 長くなりますが、よろしくご覧いただきますように。

 

プーシキン 美術館展」
f:id:snow36:20180910165405j:image

プーシキン美術館展」は、今は 10月半ばまで 大阪の 国立国際美術館で開催されています。

夏の始めから、ずっと行ってみたいと思っていた展覧会です。

大阪は、地震に加えて 台風21号の被害にあったところなので、先週 美術館に確認してみると やっていますとのこと。

日曜日に 行って来ました。
f:id:snow36:20180910170436j:image

こちらは、元は 大阪大学があったところなのだそうです。

エントランスでは、こんな大きなオブジェがお出迎えです。

特別展は、地下3階です。地下3階の美術館って、ちょっと珍しいですね。   天井が高いし、美術館は 窓がない所なので、入ってみると違和感はなく、快適でした。

絵画は 年代順に 展示されていました。

絵葉書で 振り返ってみますね。(かなり主観的で 勝手な解釈もございます。あらかじめ、お詫びします。)

 

神話が主題になったロランの「エウロペの略奪」や 歴史の有名な場面が描かれている絵や バルビゾン派のコローの美しいゆったりした風景画などの後に、

ルノワール が。「庭にて、ムーラン・ド・ラ・ギャレットの木陰」
f:id:snow36:20180910213817j:image

女性の肌を際立たせるピンクの頬や耳。青いストライプが曲線やギャザーに従って 美しい造形を見せるドレス。体やドレスを美しく見せるために、モデルの左手は上がっているのでしょうか。


モネ「草上の昼食」

印象派と呼ばれる以前の作品だそうです。
f:id:snow36:20180910213741j:image

赤みのある黄色のドレスの裾のドレープが 目を引きます。ピクニックは おしゃれをする場所なのでしょう。白い布の上の 料理が豪華です。真ん中の水玉模様のドレスの女性が お皿にミルクを注いでいるようです。愛らしい犬が待っているみたいに見えます。

明るいところと木陰の陰影が対照的な 豊かで 華やかな絵に うっとりです。

 

モネ 「陽だまりのライラック
f:id:snow36:20180910213757j:image

ちらちらと陽光のこぼれる花の樹の下に ほのかに見える二人の女性が寛ぐ姿も優雅です。

見えづらいですが、左の暗い色のドレスの女性は 小さなパラソルを差しています。タッチは優しいのですが、心の中に 深く語りかけてくる力強さを感じました。

 

そして、モネ「白い睡蓮」
f:id:snow36:20180910213844j:image

日本の絵画に影響を受けた モネの ジヴェルニーの自宅にある 睡蓮の池。カキツバタ(でしょうか?)や大きな柳の木、かわいらしい太鼓橋が架かっています。緑色の絵の中の 手前の池に広がる睡蓮の花が夢のように。

 

何より 見てみたかった アンリ・ルソー
f:id:snow36:20180910213915j:image

 大胆な構図の くっきりとしたジャングルの絵。この度の案内に主に使われている 一度見たら忘れられない作風が とても印象的です。

連れ合いが「何でこの馬は、こんな顔なんだ。」と言ってましたが、ルソーは 日曜画家と揶揄された人。 50代から 絵画製作を始めたとのことで、特に基礎から学んでいなかったことが その画風に魅力として表れています。

それに、この絵には この馬の表情。それ以外は ないでしょう。

素朴派。そのままですね。

 ピカソキュビズムの庭の絵もあったし、ゴーガンの タヒチの絵もありました。

 

 

 この日は 国立国際美術館は、魅力的な企画展なのに それほど混みあっていませんでした。

おかげで ボナールの大きな作品を かなり離れたところから 遠慮することなく、心ゆくまで観賞することができました。 

こちらに限らず 美術館は わりと駅から歩くことが多いからかもしれません。 災害による風評被害ではないことを祈ります。

何も 不都合なく 出かけられました。

 

絵葉書では 伝わりづらくて申し訳ありませんが、片田舎に住んでいても こんなに素敵な絵画を見れるなんて、素直に感謝したい幸せな一日でした。

 
f:id:snow36:20180911011300j:image

ご覧くださいまして、ありがとうございました。


f:id:snow36:20180910164838j:image

  「旅人かえらず  女の笑う寝顔 露草の色 万葉人の淋しき」(200×300m/m) 旅人かえらず(60) 西脇順三郎 詩          村上翔雲 書

 

お別れの後で

台風21号の被害の大きさを ニュースで知りました。  広い範囲を ひどい強風と雨が、駆け抜けて行ったのですね。

被害に合われた地域の方に お見舞い申し上げます。

 

 

進路によっては 多少なりと台風の影響があるかもしれないとのことなので、前日に草花を室内へ取り込みました。

f:id:snow36:20180904202009j:image

朝晩には ひどい暑さが やっと引いてきたからか、最近になって夏の花が咲き始めました。


f:id:snow36:20180904202324j:image

でも、夏の初めペンタスは もっとくっきりとした色でした。液体肥料を やってみましょうか。  世話不足を反省しています。かわいそうなことをしました。

 

ついでに 庭も見て回ると、

柚の実が 大きくなってきていました。
f:id:snow36:20180904225148j:image

そうそう、蓮は

f:id:snow36:20180904225616j:image

葉で いっぱいです。

結局、雨風はあったものの 我が家には台風の影響は あまりありませんでした。

大阪や神戸に住む身内が 外でいろんなものが飛んでいるし、建物がずっと揺れて怖かったと言っておりました。

 


f:id:snow36:20180905003239j:image

  「撥草行行 復行行 此身猶在青山中・分け入っても分け入っても青い山」(160×235m/m)種田山頭火 句・李芒 漢俳      村上翔雲 書

 

先日、父の長兄のお葬式がありました。

伯父も 書家で「かな」を書いておりました。

優しい人でした。

父方の親戚に久しぶりに会って ゆっくりと話ができました。

喪主である従兄と 芸術家を親に持つことについて少し話をしました。  子どもの頃の 小さな悩みです。

どのお宅にも 物語がありますね。親が 書家だからと言って、何か特別なことがあるわけでもないのでしょう。

強いて言えば 芸術家気質でしょうか、突発的に風が吹き荒れる日常だったと 思い出話になりました。

でも もう、伯父も 父も 二人とも 青山に分け入ってしまったのですね。


f:id:snow36:20180905024114j:image

 

 

 

 

 

義母の花 。父の山頭火。

こんにちは

まだ暑い日が続いていますね。

義母が 丁寧に育てている花です。

f:id:snow36:20180828174937j:image


f:id:snow36:20180828174950j:image

浴衣の柄のような 日々草です。 

日当たりが良過ぎるからか、花がぐったりしている日もありましたが、根気よく毎日手入れを続けています。

義母は足が悪いので 花の世話をしている時にでも ささっと花と一緒の姿を撮らせてもらいましょう。プリントして、写真立てに入れて渡してあげたいなと思います。

 

石楠花の蕾。

f:id:snow36:20180831184819j:image

来年の春 咲くために、今からひっそりと準備を始めています。


f:id:snow36:20180831185256j:image

 日射しの強いこと。

 

 


f:id:snow36:20180828181948j:image

「今朝似有佳音来 且将門窓尽打開・けふは よいたよりがありそうな 障子をあけとく」(160 ×235m/m)種田山頭火 句 ・李芒 漢俳       村上翔雲 書

 

実家に せめて李芒さん(1920〜2000)が上梓された「和歌俳句叢書」とまでもいかなくても、李芒さんや 漢俳について より深く調べるヒントになるものが残っていないか 探してみましたが、見つけることはできませんでした。

もう少し 探してみたいと思います。

俳句にも 漢俳にも 書にさえも詳しくない上に、中国語も たいしてできない私などが 意見を言うのは 大変おこがましいことですが、李芒さんは 漢語(中国語)で 山頭火の世界を深く描こうとされていると感じます。

書家として 表現に こだわり抜いた父が、漢俳で描かれた山頭火に 書で挑んだ理由は、その珍しさだけではないようです。

酒に溺れ 家を捨て 転々と行乞するという より過酷な方へと誘われて生きていく山頭火の人生が、李芒さんの漢語で より鮮やかに描くことができると判断したからだと思うのです。

 

少し堅苦しい話になってしまいました。

時には、父の作品の話を してみたかったのです。ごめんなさいね。

 

 

 

  アジア大会。どの競技も白熱して 見どころが多かったですね。

一昨日は、柔道や 4継、マイルなどを わくわくして観戦しました。立ち向かっていく選手の皆さんから 元気をもらえました。本当にありがとう。

蓮を育ててみる(鉢に移してみました)


f:id:snow36:20180825185311j:image

こんにちは

ちょっと古い話になりますが、23日の 6時過ぎ 台風20号が迫って来ていた時間です。重い灰色の空に架かった 薄い虹を見ました。

f:id:snow36:20180825124423j:image

暗ささえ感じる淡い虹は、みる間に 消えていきました。

その後、まむしが 家の敷地に出てきて、部屋の中に入りそうになり大騒ぎに(多分 騒々しかったのは 私だけです)。   

「ヤマカガシか?」

それなら、以前バスタブで お休みになっているのを見たことがありますが、この度は そんなに長くはありません。 詳しい説明は 割愛します。

かわいそうですが 危険なので、

連れ合いが バールで退治いたしました。        めったにないことが起こるのは、台風のせいでしょうか。

 

 

蓮の その後のお話です。

f:id:snow36:20180823195333j:image

以下 力仕事は、私は免除してもらいました。代わりに、時々 ぶれた写真を撮っております。

我が家の田んぼから(案外 1反半ほどあるようです。他業種の自営業なので、田んぼの管理はプロの方にお任せしています。) 土を取って来て、水を入れて練ります。


f:id:snow36:20180823195728j:image

見た目は よくありませんが、例えて言うなら ふわふわのスフレみたいな 柔らかさです。


f:id:snow36:20180823195934j:image

ひとつひとつ植え付けて…  と言うよりは、押し込んで、(ちょっと込み合っているのですが、後で困らないのでしょうか。)


f:id:snow36:20180823200118j:image

水をたっぷりと張ります。  ボウフラ避けに めだかを放して。(めだかは、連れ合いが 種類別に 細かく分けて飼育しています。庭は、連れ合いの独擅場です…)       8/17(金)

 

翌日 見ると、水が澄んで どの芽も上を目指して 伸びていました。
f:id:snow36:20180823201135j:image

端が丸まった小さな葉が。 

「でも まだブログに上げるのは 早くないか。」 そうですねぇ…。これでは 別の木から風で落ちてきた葉にも見えるし、何だかわかりませんね。     私のブログの心配などをしてくれるようになりました。   8/18(土)

 


f:id:snow36:20180825125325j:image

一日の間に次々と 葉が開いてきました。

細かく浮いているのは、めだかのえさです。

葉に水をかけてみると、水滴がくるりと丸く乗っています。

鉢に移してから まだ3日ほどです。葉の大きさは、大きなもので 直径5.5cmくらいです。8/20(月)

 


f:id:snow36:20180825130016j:image

葉は ぺらぺらと薄いのですが、蓮らしくなってきました。直径は 8.5cmほどになりました。

8月10日に、種を プラスチックのコップの水の中に入れたのでした。

15日経ちました。赤ちゃんから、2週間で 小学生になってしまった気がします。天上の花だけに、かぐや姫たちなのでしょうか。思いの外の 早さです。

蓮の実(蓮子)が 漢方薬や薬膳料理で使われていることを 今頃思い出しました。 納得のパワーです。

でも、蓮は寒くなってくると葉が枯れて なくなるんですってね。   8/25(土)

 

地下茎の蓮根が大きくなると 上へ栄養を送ると聞いて、れんこんかぁ…と思っていると、「これは 観賞用の蓮だから 食べないものだ。」と言われました。  失礼しました。


f:id:snow36:20180828185513j:image

金魚の水槽に使う 濾過材が残っていたので、4、5cm幅に細長く切ったものを 鉢の縁に 垂らして、雨が降っても溢れないようにしています。

葉は 増えてきましたが、一段落した感じですね。   また 変化があれば、他のお話のついでにでも 書かせてくださいね。 8/28(火)

 

もう新学期が 始まっているところも あるのですね。  そろそろ 球根を買いに行きたい季節になってきました。

ご覧くださいましてありがとうございます。

 

 

 



f:id:snow36:20180828232244j:image

  「飯のうまさが青い青い空」(320×245m/m)  種田山頭火


f:id:snow36:20180828233109j:image

  「どこかに月がある 山の線はっきり」(240×320m/m)                   種田山頭火 句                                                    村上翔雲 書

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

奇跡の星に生きる植物

こんにちは

 兵庫県の淡路島は、本州と四国の間に位置する 国生みの神話のあるところです。

山々は 緩やかな起伏を見せ、周りを取り囲む海は 日差しを受けて輝く美しい島です。

23年前に起こった 明石海峡震源とする 阪神淡路大震災の際には、 淡路島も かなりの被害を受けた被災地でした。

大きく ずれた野島断層が、 北淡震災記念公園に保存されています。   私たちも 以前行ったことがあります。  建物の中に 盛り上がって崩れた地面が、ここで起こった災害の凄まじさを物語っていました。    これは昔の話だとは、もう誰も思わない時代になったのですね。

 この度の台風20号で ここに立っていた風力発電の風車が倒れたとのニュースを見ました。  20号もひどかったですね。  

 

 

先週末に 淡路市の 奇跡の星の植物館に行って来ました。

f:id:snow36:20180823071205j:image
神戸淡路鳴門自動車道を南へ走って行くと、明石海峡大橋から、淡路島へ。


f:id:snow36:20180820170726j:image

ずっと行ってみたかった場所です。
f:id:snow36:20180820171928j:image

巨大な温室のような建物の中は、様々な主題に応じたフロアに 分かれていました。

高い吹き抜けの3階に上がり、メインのフラワーショースペースを見下ろすところから 順路が始まります。   

f:id:snow36:20180823071319j:image

この時期のテーマの バリ島をイメージした華やかな庭園が 眼下に広がります。

細い窓枠が 床に緩やかな影を落とすので、ガラスの温室の中にいるという 洒落た感じがします。

 

吹き抜けの次のフロア プランツギャラリーには、多肉植物が。
f:id:snow36:20180820174049j:image


f:id:snow36:20180820174112j:image


f:id:snow36:20180820174134j:image

背の高いものもあれば、足元に小さな花を咲かせた多肉もありました。
f:id:snow36:20180820174203j:image


f:id:snow36:20180820174225j:image

不思議な枝です。

 

とても魅力的な フロアだったのです。

それなのに、観葉植物や多肉植物の良さが まだよくわかっていないことだけが知れてしまう 雑な写真ばかりになってしまいました。

 

ラン科の植物等を 飾り付けてあるフロア。
f:id:snow36:20180820174249j:image

着生植物が愛らしい。    バンダコスティリス ブルースター  (好きだったので、長い名前を書き留めました。)


f:id:snow36:20180821090736j:image


f:id:snow36:20180823070345j:image


f:id:snow36:20180821090710j:image

 こちらも ラン科の エピデンドルム     みんなで歌っているように楽しげです。

 


f:id:snow36:20180820211649j:image

渦巻きが ひときわ目立って 個性的です。レックスベゴニア エスカルゴ

 

 

小さな食虫植物  ハエトリソウ

f:id:snow36:20180820175416j:image

目の高さに 飾られています。  触ると反応が早く、食虫の液を出すので 弱るそうです。触らないようにとの張り紙が。


f:id:snow36:20180820175727j:image

ウツボカズラですね。かわいらしい長靴を いくつもぶら下げているように見えます。



f:id:snow36:20180820210300j:image

食虫植物の こじんまりとした群生。サラセニアと思う かわいい筒状の茂みが…。

ちょっと見づらいですが、左下の中寄りに紛れ込んだような 小さな紫色の花も見えます。高山に自生するムシトリスミレだそうです。こちらも 名前の通り、食虫植物なのですね。

もっと近寄って 撮ればよかった。つい、見とれてしまい 近くで撮るのを忘れていました。

f:id:snow36:20180820211336j:image

食虫植物は、大きくて いかつい形をしたものばかりとの印象を持っていましたが、日本の湿地には 可憐な花を咲かせる小さな種類も多いと聞いたことがあります。

一番好きなフロアだったかもしれません。

 

 

 

フラワーショースペースまで 回廊のようになっている通路をたどり、スロープを降りて来ると、夏の花が植え込まれた美しい庭園にたどり着きます。

色彩豊かで 楽しい南国の庭が 丁寧に作られていました。
f:id:snow36:20180820182808j:image


f:id:snow36:20180820182829j:image

ひとつひとつが とても華やかで、寄せ植えと言うにはダイナミックな鉢は、ホテルのロビーに飾られているような豪華で 大きなものでした。
f:id:snow36:20180820182904j:image


f:id:snow36:20180820182943j:image

f:id:snow36:20180820182958j:image

 夏の花は 個性が強いことも魅力的ですが、これらの花々が調和して、お互いを引き立てあっていました。心が弾む音楽が流れているような 素敵な庭園でした。

 

出口近くの 建物の周り。
f:id:snow36:20180820183012j:image


f:id:snow36:20180820183025j:image

 壁面に 姫りんご。とてもかわいらしい演出だと思いました。

 
f:id:snow36:20180820195456j:image

壁面に植え込み。エントランスの辺りです。

 

たくさん 見どころがあったのに、入館料は 600円とお得感がありました。そこに さらにJAFカードなどの割引があり 540円でした。

特別展があると、1,500円になるとのことです。   これは 特別展ではないのか と、少し驚きました。

 

 🐟🐟🐟

遅いお昼は、道沿いのお店で 生しらすや 鯛などが乗った海鮮丼をいただきました。
f:id:snow36:20180821170259j:image

しらすは、この時期 海沿いなら楽しめるところが多いですね。  淡路島もパーキングエリアや食事処を併設している道の駅、島のあちらこちらにある和食のお店などで いただけます。


f:id:snow36:20180821173454j:image

明石海峡大橋。島に渡る時の わくわく感が楽しい。(ここは帰り道ですが。)


f:id:snow36:20180823070443j:image

 

 帰って来ると、いつもの空にも すじ雲が踊っていました。
f:id:snow36:20180819182801j:image

先週の日曜日  空の上は、風が強かったようです。

この時は、19号の影響だったのでしょう。

 

 



f:id:snow36:20180824223640j:image

  「不肯借宿適有月光照去路・泊めてくれない折からの月がゆくてに」(160×235m/m) 種田山頭火の句を 中国の詩人李芒が 中国語(漢語)による俳句という形式で表現されたもの。     村上翔雲 書

 

長くなりました。ご覧いただきまして ありがとうございました。