野の書ギャラリー

書家村上翔雲の作品を少しずつご紹介させてください。日々の雑感もほんの少し

懐かしく思うもの カロライナジャスミン。古いミシン。

こんにちは。

お元気でいらっしゃいますか。

f:id:snow36:20210402174016j:image

 

***

先月、連れ合いの伯母の持ち物だったミシンをもらいました。

一昨年亡くなった伯母の家には、古い箪笥などが まだいくつか残ったままになっています。

このミシンは ずっと気になっていながら 使いこなせない私には勿体ないかもしれないと思い、ほしいと言い出せませんでした。

連れ合いが、要らんか?と聞いてくれました。

「要らんかったら、捨てるんやさかいな(要らないのなら、捨てることになるからね)。」と、ぎょっとするようなことをあっさりと申します。 それなら、喜んで。

f:id:snow36:20210403001924j:image

ミシン本体も鉄脚の付いたテーブルも重くて、連れ合いと ちょうど帰省していた息子が、私の作業場になったばかりの物置き部屋 (全く愛想のない部屋ですが、東の窓が大きくて 父の作品を自然光で撮ることができます✨) へ運び入れてくれました。

脚元を見ると、間に合わせにちぎったダンボールを敷いてくれています。

f:id:snow36:20210402174109j:image

「カフェとかに飾ってあるよね。」息子が申します。 あまり聞かない言葉に、どんな人とお出かけしたのか ちょっぴり聞いてみたくなりますが、言いたくなるまで置いておきましょう😉

 

埃を落として、手の届く限り隅々までよく拭いて。仄かにミシン油の匂いがします。

無骨な鉄の作りと優雅な曲線の組み合わせが不思議に美しい。

f:id:snow36:20210408164020j:image

花の模様の飾り板。西洋菊のようにも見えますが、花の様子からはもう少し特徴的なものも感じます。

f:id:snow36:20210402181515j:image

f:id:snow36:20210402181534j:image

 

 


f:id:snow36:20210402174147j:image

もろもろと粉のように屑が出る革ベルトは 替えた方がいいかもしれません。

先ほどから、糸を掛けていたり、掛けていなかったりの写真を出してしまいました。下が糸を掛けた様子です。

こんな感じでしょうか。少し迷いました。

f:id:snow36:20210402174330j:image

 

26歳の息子の記憶では、小学校の電動足踏みミシンの足踏みペダルは 片足が乗せられる大きさの小さな白いものだったそうです。

息子の小学校時代より さらに遠く遡って、私の母の最初のミシンにも鉄の足踏み板が付いていたような…  私も使わせてもらった記憶があります。

母が私たち姉妹の服を作ってくれたことも懐かしいです。

f:id:snow36:20210402182455j:imageレディ・ジェーン。チューリップってかわいいですね。

戻らない時間の思い出に浸りながら、はずみ車を回して足踏み板をそっと及び腰で、いえ、右足を前に置いてぐっと踏み込んでみます。

f:id:snow36:20210415105850j:image

気づくと小一時間動かしていました。加減が掴めたのか、いえいえ 不器用な私などではまだまだ…。

かしゃかしゃと軽快な音が聞こえてきます。ちゃんと動いています。 

下糸もきれいに拾ってくれます。 

f:id:snow36:20210402174354j:image

後で 布バッグを作った時に 二人がかりで 折れて飛んでいった針先を探し回ったことは、内緒にしておきたいです💦

 

小さい頃ブランコを漕いで遊んだ感覚を思い出しました。╰(*´︶`*)╯

このミシンは鉄で出来ているから、用がなくなると、大きな重たい粗大ゴミになってしまうのかもしれませんが (インターネットで売るという発想は そもそもなく、危うく本当のゴミになりかけていました) 、大事に使えば多分まだ壊れないです。

伯母が 大切に使っていたミシンを使わせてもらうことが とてもありがたく思います。

f:id:snow36:20210420184025j:image

窓の外では鶯が鳴いています。楽しい時間を過ごしました。

 

f:id:snow36:20210402174430j:image

 

斎藤謠子さんの「 ふだんづかいの布バッグ」NHK出版 の中のデザインから、手持ちの布で小ぶりな夏のバッグを作ってみました。写真を出すのも冷や汗が出そうですが載せてみます。

f:id:snow36:20210424184014j:image

横に付いた丸い持ち手と、お手本の木のビーズの留め具が印象的で シックなリバーシブルのデザインが素敵でした。

間に合わせで 家にあったボタンを編みくるんで付けてみました。

 

***

お世話になったご近所のお宅の カロライナジャスミンが咲いています。 

f:id:snow36:20210424184047j:image
f:id:snow36:20210424184042j:image

マスクをかけていても 微かに甘い香りが漂ってきます。

お隣りに住んでおられる親戚の方にお願いして、時々 お花の写真を撮らせていただいています。草引きをしますと言いながら、しばらく行っていなかったこともあり何もしていませんでした。

ほんの少しですが溝や椿の花殻を片付けさせていただきました。 こちらのお庭の剪定は、業者の方が年に1、2回されているので 葉が混み合っていますが まだきれいに咲き続けています。

f:id:snow36:20210424184119j:image

ずぼらな私、これからは少しずつお掃除をさせていただくことと ここに書いておきたかったのです。

 

f:id:snow36:20210408163924j:imageささやかな我が家の花壇に、種が飛んできたのか小さなヒメウズが。無碍にはできない可憐な花でした。

いつもご覧くださいましてありがとうございます。

 

f:id:snow36:20210424193645j:image

「今日の道のたんぽぽさいた 山頭火 句」(160×123m/m) 草木塔     種田山頭火


f:id:snow36:20210424193649j:image

「けふもいちにち風をあるいてきた 山頭火 句」(160×123m/m) 草木塔     種田山頭火 句  村上翔雲 書

父は 紙や筆、サイズを変えて繰り返し書いておりますので、今までお出ししてきました山頭火の同じ句を また違った表現でご覧くださいますように。

ミシンの作業台で撮ってみました。