野の書ギャラリー

書家村上翔雲の作品を少しずつご紹介させてください。日々の雑感もほんの少し

かたくり

こんにちは。

寒い日が続きますね。お元気でいらっしゃいますか。

 

かたくりの花が 満開になっていると聞いて 出掛けてみました。

久しぶりに行くので、目的地の お寺の名前を入れて出発です。

 

あちらこちらの堤の桜が 満開になっていました。花びらだけで ふんわり被われた木々が 絢爛とどこまでも続く景色の中を走って行きます。菜の花の明るさが 目に楽しく、こぶしが 愛嬌のある花を広げています。いなかの風景も良いものです。

 

1時間ほど行くと、目的の場所に着きました。

20年以上前から、地元の方が 自生する かたくりを大切に育てておられます。

f:id:snow36:20190409222054j:image

左奥のほの明るい薄紫色のところが目立ちますが、手前から群生地です。

 

息子が幼かった頃、一緒に 用水路越しの斜面に ひっそりと咲くこの花を見に行くことが楽しみでした。その頃は まだ ささやかな自生地で 柵やネットで保護されてはいませんでした。


f:id:snow36:20190410083556j:image


f:id:snow36:20190409222118j:image

かたくりの花は 売っているものもありますが、かなり場所を選ぶ植物のようで 傾斜の強い滑りやすい土の上にも関わらず、 雑草は取り除かれていました。遊歩道には 滑り止めの心遣いがされていました。


f:id:snow36:20190411224129j:image

こちらの説明の札によると、

かたくりは、ユリ科多年草で、花期は 4月初旬。鱗茎から良質のデンプンが取れます。   特性として、芽を出してから 開花、結実、地上部が枯れるまでの一連の期間が 2ヶ月ほど。それ以外は、地中で休養しているそうです。北の植物とのことで、兵庫県で群生している所は 珍しいとのことでした。

古くは 堅香子(かたかご)と呼ばれ、大伴家持の歌に「もののふの八十少女(やそおとめ)らが 汲みまがふ 寺井のうえの堅香子の花」(万葉集 巻19  4143) と詠まれています。

「たくさんの少女たちが (楽しそうにさざめきながら)入り乱れて水を汲んでいる お寺の井戸の側に咲く かたくりの花の愛らしさよ」f:id:snow36:20190411202953j:image

動きのある少女たちから受ける賑やかな印象と 井戸の側の かたくりの愛らしい花姿が 映像のように浮かんでくる 美しい歌です。

朝、生活用の水を汲みに来る少女たちの 楽しげな様子を かたくりの花の可憐さに見立てているのか、それとも 少女たちの動と ひっそりと咲く かたくりの静を 対比させているのか。

遥か昔に 講義で、万葉集の中で かたくりの花のことを歌ったものは この一首のみだと聞いたことを思い出します。かたくり粉の原料は 元々じゃがいもではないと知りました。どんな花が咲くのだろうと思ったことを覚えています。

寄り道が過ぎました。


f:id:snow36:20190409223423j:image

花は、10℃を越えると 1枚ずつ開き始め 17℃になると完全に開き ユリのように 反り返るとのことです。

 

目立たない植物ですが、長い時の流れの中で 連綿と繋がり続ける命について思うのです。

花畑でありながら 饒舌さはなく、樹木の影に 薄紫の静謐が広がります。小さな花は 俯いて どの花も斜面の下へ向かって咲いていました。

うぐいすの まだ不慣れな囀りが 柔らかく聞こえてきます。

f:id:snow36:20190409223714j:image


f:id:snow36:20190411203129j:image

 

なるべく自然のあるがままを 保存されているようで、自生する他の山野草の説明の札もありました。

f:id:snow36:20190409222348j:image

タチツボスミレ


f:id:snow36:20190409222446j:image

コセリバオウレン(小芹葉黄連)


f:id:snow36:20190409222511j:image

カテンソウ(花点草)


f:id:snow36:20190409222540j:image

ネコノメソウ


f:id:snow36:20190409222638j:image

かたくりが 木の根に。野趣を感じて見とれてしまいました。

 


f:id:snow36:20190411203851j:image

f:id:snow36:20190409223539j:image

ニリンソウが、水路脇に長く繁って 小さな花が咲いていました。ちょっと、見えにくいですが かわいいですね。

 

 

🌸

我が家の側の桜。咲き始めが遅かったからか、2日続きの荒天にも耐えて咲いています。

f:id:snow36:20190411203941j:image

 


f:id:snow36:20190411204819j:image

芍薬のつぼみが 色づき始めました。その清澄な佇まいに 毎朝 幸せをもらいます。

 

当地では 土曜、日曜と 春祭りが予定されています。日曜日のお天気が崩れると聞いていますが…。

せっかくの美しい季節、週末のお出かけが楽しめたらいいですね。

今日も ご覧くださいまして、ありがとうございます。

                               Spring ephemeral

 

 


f:id:snow36:20190411222200j:image

「春の日や 暮れても見ゆる東山  一茶句」(330×120m/m) (文化句帖) 小林一茶

 


f:id:snow36:20190411222631j:image

「いつでも死ねる 草が咲いたり実ったり 山頭火句」(240×320m/m)(草木塔) 種田山頭火 句                             村上翔雲 書